韓国オリジナルミュージカル「ザ・アンダードッグ」 キムジュヒョン、イテソンなど豪華キャストを迎え12月開幕!


またまた新作が発表されました♪
韓国オリジナルミュージカル「ザ・アンダードッグ」 12月開幕!

the-under-dog

韓国SBSで放送されていた「ザ・アンダードッグ」を印象深く見た製作陣が、約4年の歳月を費やして完成させた創作ミュージカル。

人間に捨てられた犬、事故で傷を負う犬、軍犬として生きた犬、
様々な事情で飼い主に捨てられた犬たちが集まる保護施設。
苦しむ彼等の視点で、その生き方を描いた作品。

■ キャスト
珍島犬(キム・ジュンヒョン、イ・テソン)
主人に捨てられ、遺棄犬になった珍島犬。人間自身の利益のために売買され、虐待されても闘犬としてのつらい訓練とすさまじい人生を過ごしていた。取締局によって遺棄犬シェルターに送られ…

セポトゥ(キム・ボプレ、キム・ボガン)
軍犬の生活を生き犠牲の精神が透徹して充実したセポトゥ。しかし、不慮の事故で軍犬としての致命的な障害を持ってしまい軍犬としての生活を終えることに。新しい生活の準備をしていたある日…

マルチス(チョン・ミョンウン、チョン・ジェウン)
犬工場で子を産む人生しか許されない運命を生き2〜3年が経過したころ、「価値がない」と人間に見捨てられ人生の意志を失う。

ゴールデンレトリバー(チョン・チャンウ、キム・ヒョンギュン)
事故で足を痛め主人に捨てられるが、人間に長年愛されてきた人生を考えて、人間を憎むことなく、憎悪と復讐のための生活よりも運命を受け入れる人生を選択する。

ダルメシアンミックス(キム・ジェマン、チェ・ホジュン)
プードルの傷を最後の瞬間までかばってくれる純愛的なダルメシアンミックス。

プードル(グ・オクブン、パク・ミソ)
トランクに入れられて、空港の近くに捨てられるが、飼い主に拾われ…

■ あらすじ
主人に捨てられ飼い犬から遺棄犬なってしまった現実。
自分がなぜ捨てなければならないのか、その理由を探ることが人生の唯一の目的となった珍島犬。
飼い主のいない犬たちが、人間の世界の中で苦難と怒りを持ちながら遺棄犬としての人生を生きていく。

世界に捨てられた犬たちの生活…
自分が生きるためには、相手を殺さなければならない闘犬の生活。
そんなある日、取締局によって遺棄犬シェルターに入るが…

外部から遮断されたお陰で脅威もなく、誰かを殺さなくても食べることができ、暖かく快適な遺棄犬保護所。
ここで珍島犬は軍犬出身のセポトゥや、同じように苦悩を抱えるマルチスをはじめ、他の犬と一緒に新しい生活を始める。

元劇団四季のキム・ジュンヒョンさん、日本のレ・ミゼラブルでもバルジャン役を好演しましたが、現在は韓国ミュージカルを中心に活動。マリーアントワネットでのオルレアン公、本国レ・ミゼラブルでのジャベール役など、韓国でもプリンシプルキャストとして休みなく引っ張りダコのミュージカル俳優。

そんなジュンヒョンさん、かつては…

猫(ラムタムタガー in CATS)であった時期もあり、
ライオン(ムファサ in Lion King)であった時期もあり、

今度は犬♪

こんな人生を生きた人も、なかなか、いないんじゃないだろうか(笑)

■ 公演情報
ミュージカル「ザ・アンダードッグ」
会場:大学路ユニフレックス1館
公演日程:2016年12月2日(金)〜2017年2月26日(日)
チケット価格:SR席88,000ウォン/ R席77,000ウォン/ S席55,000ウォン/ A席33,000ウォン
観覧年齢:7歳以上
上演時間:140分(休憩20分含む)

チケットは2016年10月6日(木)午前11時インターパークにて発売開始!
予約:韓国語日本語